時計のセイコーグループには、世界で活躍するアスリートが所属していることをご存知ですか。そしてもちろん、黄色いタイマーでお馴染み、同社が誇る時計技術により0.01秒を競う世界記録も計測されています。

2024年のお正月明け、小学生向けの体験教室が開催され、その様子が公開になりました。

憧れのアスリートが目の前に。3つのわくわく教室が一体化した「セイコーわくわくフェスタ」開催

小学4・5年生がオリンピック選手たちに直接教わる貴重な機会。おとなになると、子ども時代にこういう体験を重ねることの大切さを痛感しますね。

もうすでにだいぶ大人になったわたしも、この日間近でお会いできた女性アスリートたちに魅了され、すっかりファンになっております。まじでかっこよかった…

当日は、次の五輪が最後になることを公表し、3月の選考会を控えた水泳の大橋悠依選手(東京五輪水泳女子400m・200m個人メドレー2冠)のコメントを求めて、テレビや新聞など報道関係者がたくさん会場に来ていました。

個人的には「朝日小学生新聞」のご関係者にお会いできたのが嬉しく、自分が子どもの頃、いかに朝小を読むのが好きだったかをお伝えしたところ、「まぁ…立派になられて」と言ってくださいました笑。

きっとこの日に参加された4・5年生のお子さんたちも、大きくなった時にこの日を振り返るのかもしれない、と思うと胸が熱くなります。どうぞ好きなことに好きなだけ没頭し続けられますように。

投稿者プロフィール

柳澤円
柳澤 円(やなぎさわまどか)▷ライター/ 編集/ 翻訳マネジメント。主な執筆分野は食・農・環境問題・暮らし▷10代後半から留学を含む海外生活を続け23歳で帰国。英会話スクールの運営に携わったのち都内のコンサル企業に転職。ナショナルクライアントを担当する充実の日々も2011年3月東日本大震災で価値観が一変し、より自然に近い暮らしへと段階的にシフトする。現在は夫・史樹と共に、横浜から神奈川県内の中山間地へ移り、取材や執筆、編集の傍ら、自家菜園を中心とした自然食と手仕事に勤しむ日々。愛猫の名前はきび。

関連記事