ドキュメンタリー映画『発酵する民』が横浜・黄金町の映画館「シネマ ジャック&ベティ」で公開になりました。本日8月14日(金)〜20日(金)までは11:00から、 21日(金)〜27日(金)は15:35からの上映で、連日舞台挨拶があるそうです。

公開初日の今日、光栄なことに上映後に行われた平野隆章監督とのトークゲストに呼んでいただきました。

平野監督(右)との上映後トークの様子

きっかけは、映画の本公開が決まった際にいただいた取材依頼。監督が7年間を掛けた制作期間中、終盤の状態で開催された限定試写会でも拝見していたのですが、東日本大震災から10年目の今年3月、完成版が劇場公開されることとなりgreenz.jpで取材する機会をいただいたこと。

監督にインタビューしたこちらの記事もぜひご覧いただければ嬉しいです

その際、個人的に大好きな横浜の映画館「ジャック&ベティ」でもぜひ公開してほしいと、勝手なファン心を申し上げたところ本当に実現してくれました。

すでに何度も拝見している映画ですが、やはり、映画館で観るクオリティは自宅のモニターとは雲泥の差。たくさんの出演者の方はもちろん、映し出された情景や音声のディティールが心地よく迫ります。次に誰が何の話をされるか記憶してるほど繰り返し観たというのに、すっかり世界観に入り込んでしまいました。

わたしはこの映画を拝見する度に、「現実」と「私にとってのファンタジー」を旅して帰ってきた気分になります。思考の枠や限界を突破し、本当に自分が望む理想の世界はどんな場所なのか。その輪郭がなんとなくぼんやりと見えそう、というところまで連れて行ってくれる旅。

今日も1時間半、快適に時空を超えた旅を楽しんでしまったもので、上映後もまだふわふわしたままだったかもしれません。せっかくのトークにあまり気の利いたことも言えなかった気もしますが、あの瞬間の気持ちを切り取ったことは事実です。
本日お越しくださいました皆さん、ありがとうございました。終了後にも多くの方にお声がけいただけてとても嬉しかったです。横浜ジャック&ベティでの上映はまだ続きますので、ぜひ一人でも多くの方にご覧いただけることを願っています。

平野監督、この度は大切な公開初日にお声がけいただき本当にありがとうございました。続く各地での公開も盛会でありますように!

平野監督、奥様のゆりこさん(左)とジャック前にて。

投稿者プロフィール

アバター
柳澤円
柳澤 円(やなぎさわまどか)▷ライター/ 編集/ 翻訳マネジメント。主な執筆分野は食・農・環境・暮らし▷10代後半から留学を含む海外滞在を繰り返し23歳で帰国。英会話スクールの運営に携わったのち都内のコンサル企業に転職。ナショナルクライアントを担当する充実の日々も2011年3月東日本大震災で価値観を一変。自然に近い暮らしへと段階的にシフトする。現在は夫・史樹と共に、横浜から神奈川県内の中山間部へ移り、取材執筆、編集、マネジメント業の傍ら、自家菜園を中心とした自然食とハンドメイドに勤しむ日々。