今年も誕生日を迎えました。ホッとしています。

子どもの頃は、その日がきたら当たり前に歳を取る日に、いちいち感謝や安堵を述べる大人を不思議に思っていましたが、やはりここは素直に感謝したい日。40代に入ったことや、社会不安が増大する現状では尚のことそう思います。

母に産んでくれた感謝のメッセージを送り、パートナー・史樹には贈り物をし、そしてありがたいことにたくさんいただいたご連絡の数々に心の底からいいね!を押したり感謝の返信をしたり。

何食べたい?と聞かれて行ったのは、5日前にもいただいたばかりの八王子「インドラ」のカレー。何から何まで本当に絶品。

こちらの誕生日などご存知でない方はいつも通りの業務連絡があるわけですが、それはそれでありがたく、同じくらいの感謝を込めて返信をお送りしています。

けして高尚なことを言いたいわけではありませんが、わたくしにバースデーウィッシュをくださるか否かよりも、ただ皆さんが存在していること、その意味と価値を実感しているという気持ちです。

一言で端的に表すなら、袖擦り合うも他生の縁、ということでしょうか。同じ時代に地球で暮らすもの同士、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ただ一つだけ、どうしてもこの日に毎年考えてしまうことがあります。それはやはり、気候変動のこと。

けして記憶力がいい方ではありませんが、外食やお出掛けすることが多いメモリアルなこの日のことは、けっこう昔のことも覚えています。かつて、スーツを着て出勤していた頃、10月13日はツイードのジャケットや薄めのコートを着ていた記憶があるのです。もしくはスカートの下に黒タイツを履いていました。

それが近年、半袖Tシャツでもだいじょうぶなほど暖かい。秋晴れの時期とはいえ、これは確実に気候変動の影響でしょう。

別に死ぬわけじゃない。
順応していく方が大事。
半袖の方が気楽でいい。

考え方は人それぞれ。何が正解とは言うことはできませんが、個人的にはまだしばらく、この日は長袖を着たいと感じています。

投稿者プロフィール

柳澤円
柳澤 円(やなぎさわまどか)▷ライター/ 編集/ 翻訳マネジメント。主な執筆分野は食・農・環境問題・暮らし▷10代後半から留学を含む海外生活を続け23歳で帰国。英会話スクールの運営に携わったのち都内のコンサル企業に転職。ナショナルクライアントを担当する充実の日々も2011年3月東日本大震災で価値観が一変し、より自然に近い暮らしへと段階的にシフトする。現在は夫・史樹と共に、横浜から神奈川県内の中山間地へ移り、取材や執筆、編集の傍ら、自家菜園を中心とした自然食と手仕事に勤しむ日々。愛猫の名前はきび。