はじめまして、まどかです。

はじめに、このブログに来てくださったことへの感謝をお伝えさせてください。ありがとうございます、とても嬉しいです。

せっかくの出会いなので、自己紹介がてら、最近わたくしが感じていることについてお伝えしたいと思います。

まだ歩み始めたばかりのTwo Doors社ですが、私も彼も個人として長年「ことば」に関する仕事に携わってきました。

私に関していえば、会社を退職して丸5年が過ぎました。(会社辞めたら1ヶ月だって生きていけないと悲観的な時もあったのに、おかげさまでライターや翻訳のマネジメントをしながら大変元気に生きております)
前職では翻訳や通訳を伴う企業の発信をコンサルしていた会社でプロジェクトマネージャーをしていたので、その頃も「ことば」や「表現」について考え続けていたことになります。

また、前職在職中もキュレーションサイトにライターとして原稿を送ったり、ライティングクラスに通ったり、ボランティアとして書くこともしていました。

ちいさい頃から作文や感想文を嬉々として書き、国語の教科書は4月のうちに読破するのが好きだった子どもが、おとなになっても変わらずに、読んで、話して、感じて、書く、という日々を送っていることになります。

ここで視点をグッと大きく広げますが、こうした一人ひとりの日々のドラマが積み重なって、地球規模で常にだれかの人生となり、それぞれ何かのご縁で袖をすり合わせて関係性を築く。この人間の営みを「当たり前」と言ってはそれまでなのですが、最近わたしはこれが「奇跡的な刹那」だと感じはじめました。

私という存在は70億分のたったひとりで影響力も小さいんだけど、でも自分を含めて、毎日このちいさな歩みを進める人たちの集団が社会です。

本当に当たり前のことなんだけど、頭ではなく心から実感して理解できたと思ったら、生きることが少しだけ楽にもなりました。

この先あとどのくらい歩み続けていられるかは分かりませんし、方法や手段や居場所はきっと自然の流れの中で移り変わるものだと思うのですが、瞬間的な存在の価値は忘れずにことばにしたい。
ことばの力を信じる一人として、私はこれからも語り続けたいと思うのです。

このブログでも日々いろんなことを記していくつもりでいます。普段の暮らしのシーンを切り取ったり、感動したことや、美しいと思ったことのほか、刹那的な心境を吐露することもあるかもしれません。

もしも、いつかどこかでお会いできる機会があったときは、どうぞあなたがその時感じている心境を話してくれたら嬉しいです。

投稿者プロフィール

柳澤円
柳澤 円(やなぎさわまどか)▷ライター/ 編集/ 翻訳マネジメント。主な執筆分野は食・農・環境・暮らし▷10代後半から留学を含む海外滞在を繰り返し23歳で帰国。英会話スクールの運営に携わったのち都内のコンサル企業に転職。ナショナルクライアントを担当する充実の日々も2011年3月東日本大震災で価値観を一変。自然に近い暮らしへと段階的にシフトする。現在は夫・史樹と共に、横浜から神奈川県内の中山間部へ移り、取材執筆、編集、マネジメント業の傍ら、自家菜園を中心とした自然食とハンドメイドに勤しむ日々。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 Comments

  1. “頭ではなく心から” って凄く共感する感覚です💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です